FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/03/02

ゼミ試について part11


こんにちは、70%が真面目で構成されている(?)バクラです。
残り30%の眼鏡について調べてみたところ眼鏡の23%も「真面目」の属性らしいので、77%になります。
(出典:http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1404/01/news118.html)


3月に入り、選考まで2週間といったところですね。
課題にまだ手を付けてない方はそろそろ始めることをお勧めします。
早めに課題を仕上げて、先輩や友人、ご家族に添削してもらい、面接練習をしておくといいですよ。

以下で課題と面接に分けて書いていきます。


⑴課題について
できるだけ多くの人から添削を受けましょう。
自信があっても、人から指摘されて初めて気づくミスが結構あったりします。
何度か添削してもらい、課題本を読んだことがない人があなたの課題を読んで内容を理解できるくらいになれば問題ないです。


⑵面接について
面接は「学生面接」と「先生+学生面接」があります。

①学生面接
学生面接は多分1(2年生)対12(3年生)の面接になります。
圧迫面接は(もちろん)しませんが、面接官が多いので緊張するかもしれません。
緊張すると思った以上に話せなくなるので、自分を知ってもらうためにも練習は欠かせないと思います。
質問内容はほとんどが基本的なことなので、ゼミに入っている先輩はもちろん、友人やご家族に練習をお願いするといいでしょう。

それと、面接中は笑顔を意識するといいと思います。
面接官も人なので笑顔を見せられて気を悪くする人はいませんし、
面接が和やかなムードになれば皆さんも受け答えがしやすくなるのではないでしょうか。
(逆にあまりにも緊張されてしまうとこちらも緊張してしまうことがあるかも…。
僕は先輩方から「お前の選考めっちゃ緊張して疲れたよ(笑)」って言われました…。
僕たちも皆さんがリラックスできるよう心がけますが、一緒に和やかなムードで面接を進められるといいですね。


②先生+学生面接
「先生+学生面接」では、課題に沿った内容を発表することになります。
先生からの質問もあるので、内容の丸暗記ではなく自分の言葉でキチンと説明できるようにしておきましょう。
雰囲気については先生がとても優しいので、多分心配ないです。


なぜか内容が学生面接に偏ってしまったのですが、学生面接が配点高いわけではないです(多分)。
改めて見直すと当たり前のことばかりで、皆さんのお役に立てたのか疑問が残りましたが、この辺でご容赦を!


次はいよいよ最終回!みんなの頼れる代表、慎ちゃんにバトンタッチ!!


↓三田論の打ち上げ写真。残念ながら当時の記憶は全くありません。
IMG_4473.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。